バイオテック バイオウィズワンベータSの効果と口コミレビュー

バイオテック バイオウィズワンベータSの成分を徹底深掘り!

バイオテック バイオウィズワンベータSはの成分を深掘りして調べてみました。

 

バイオウィズワンベータSはの効果の高さはナノエマルジョン製法!

簡単にいうと、成分の粒が小さいので浸透しやすい。
ということ。

 

育毛剤の成分は、毛穴から浸透していきます。
脱毛、抜け毛の多い毛穴には皮脂が溢れていることが多いのです。
この皮脂で詰まった毛穴には、粒が大きい成分は浸透できません。

 

だから、バイオウィズワンベータSの成分は
10万分の1ミリにまで超微粒子とすることで浸透のしやすさと、効率的な働きを実現できたのです。

 

髪の毛の直径の1000分の1
という大きさは想像もつきませんが、かなりの小ささだとはわかります。

 

毛穴と髪の毛がほぼ同じ大きさとしても、バイオウィズワンベータSのの大きさが
ナノサイズであれば浸透していくことができるということです。

 

脱毛の原因を抑制する成分

脱毛の原因となる脱毛ホルモンDHT。

 

DHTの生成を抑えることができれば、脱毛は減らすことができます。

 

バイオウィズワンベータSの有効成分であるエチニルエストラジオールは
DHTの生成の原因となる『5αリダクターゼ』、『テストステロン』を抑えます。
脱毛の原因はDHT
DHTの原因は5αリダクターゼ、テストステロン

 

エチニルエストラジオールは
5αリダクターゼ、テストステロンを抑えます。

 

DHTの原因を抑える他にも、育毛環境を整える効果もあります。

 

発毛、育毛を促す成分

バイオウィズワンベータSで一番気になる成分、IGF-1

 

IGF-1という物質は、発毛促進因子。
Insulin-like Growth Factors-1の略で
日本語では、インスリン様成長因子-1というもの。

 

毛根にある、毛母細胞を活性化させることで、
発毛、育毛効果を高めます。

 

IGF-1は、成長ホルモンの刺激によって肝臓から分泌される物質で
人の成長には大きな役割を果たしています。

 

IGF-1の作用は、多岐にわたり、
細胞成長の促進
タンパク合成、筋肉合成の促進
細胞内伝達
などがあり、生命維持に欠かせない物質です。

 

IGF-1の育毛理論を唱えたのは
医学博士 岡嶋 研二氏
岡嶋氏は
熊本大学医学部助教授、名古屋市立大学大学院医学研究科教授を経て
現在は名古屋Kクリニック院長です。

 

IGF-1の育毛理論

IGF-1の育毛理論は
イソフラボンとカプサイシンの効果に発想を得ました。

 

イソフラボンは豆腐、納豆など大豆に、
カプサイシンはトウガラシに含まれる成分。

 

同時に摂取することで育毛効果があるとされている理論です。

 

イソフラボンとカプサイシンを同時摂取すると
毛根の知覚神経が刺激される
すると、カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)という物質が分泌される
カルシトニン遺伝子関連ペプチドはIGF-1を分泌する
IGF-1は毛母細胞を刺激
そして、発毛
というメカニズムです。

 

このIGF-1理論については、テレビなどでもとりあげられ
注目されていました。

 

岡嶋氏がバイオテックのアドバイザーとなり、このIGF-1理論を取り入れた
バイオウィズワンベータSを作り上げたのです。

 

IGF-1を増やす食べ物

バイオウィズワンベータSを毎日使うことで、頭皮にIGF-1を補給できます。
食べ物からもIGF-1を摂取することが可能なので
併用すると、効果も高まります。

 

毎日、摂取しやすい食べ物であることもウレシイです!

 

イソフラボンは
豆腐、納豆、豆味噌
カプサイシンはトウガラシ

 

朝食で納豆ごはんを食べる方は多いと思います。
納豆に一味唐辛子をふりかけて食べる。
それに、プラスして豆腐とわかめの味噌汁、これにも一味唐辛子を。
これらを毎朝食べることで発毛効果はかなり高まります。

 

これらは、毎朝の食事としても取りやすいメニューではないでしょうか。

 

育毛剤を使うと決めたなら、食生活も見直すことが重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top